jnbc01豚ダブル、生卵 900+50=950円

この日はコチラへ。

ゴールデンウィーク中のお話。シャッターで訪問。開店前○分前でこのくらいの順番なのか・・・想定内かと思いつつも、ちと驚きながら列に繋がります。

しかし神保町二郎は、ゴールデンウィークは毎年、結構休むはずなのに今年は休みが少ない。何かあったのかなぁ、もしくは(毎年やっていた)何かがなくなったのか。

まぁ後のメルマガでなるほど、と思う内容だったのですが。

定刻開店。二郎で初めて「麺柔らかめ」をお願いしました。聞かれた助手の方が一瞬、固まったようにも見えましたが・・・大丈夫・・・ですよね?

と待っていると、「豚ダブルの方ぁ、ニンニク入れますか?」とのことですので、



全増しでお願いします♪


jnbc02jnbc03










斜めってますけど、こんもり盛って頂きありがとうございます。が第一印象。ニンニクもこんもり。

まずは前菜的に、頂上に置かれた脂と野菜を混ぜ混ぜして頂いてみると、うま。この脂臭さが殆ど無く、カエシがかけられたこともあって、野菜、脂、カエシの三位一体うまー。野菜の後半はスープにつけながら頂きます。

jnbc05jnbc06










野菜の下には豚一面ですが、ちと避けて先に麺を。一時期はメンカタ厨であったが私ですが、二郎で初めて、麺柔らかめでお願いする、人間って変わるなぁ(年を取っただけともいう)。

確かにイメージよりは麺が気持ち柔らかめ、適度にもっちりで歯切れは良さげ。以前のイメージよりも、スープが味わえるように感じて、うまー。

でも開店直後だからか、イメージよりも出汁感が気持ち弱めかも?に感じるのは開店直後だからかな?ただのイメージ先行?

jnbc04スープを直接、器から飲んでも同様に感じてしまったりしましたが、液体脂が多めだからとかでもなく、多分、私の駄舌と体調から、そう感じたものでしょう。

なぜならそれでも満足度が高いので。

そういいつつも、かなり以前のデフォだった、カエシガツン系の味もちと懐かしく感じてしまったりして。

豚は柔らか、ほろほろ系が殆ど。プルプル脂もあって、うま。やっぱり豚ダブルにして良かったなぁ。

今回は初めて麺柔らかめにしてみましたが、違和感はないものの、やはり固さ普通がいいかな?と思ったりしての完食です。

しかし神保町は、豚をガッツリ食べたいとき、豚をダブルで増せる少ない二郎になりつつありますからね。

相変わらずの人気の高さで待ち時間は長いのはキツイですが、たまになら十分、待つ価値はあるなぁと再認識しての退店でした。

今日27日から再開とのメルマガですが、列の長さがどこまで伸びるのかなぁ・・・。行く方は暇つぶしを持って行ってくださいね。きっと待ちそうですので。

帰り道、セブンイレブンに寄ってみるとドーナッツとコーヒーのイラスト。ゆ、ユマさん・・・じゃないですよね?(全員わからないと思うので全員スルーで)

さて、次の店はどっちだ・・・。

東京都千代田区神田神保町2-4-11