BlogPaint普通盛焼豚大 900円

この日はコチラへ。

シャッターで訪問。セカンドポールでした。無事に営業はするようで、寒さに気持ち震えながらもひと安心です。

食券機の調子が悪いようで、お釣りが出てくるのに時間がかかります。文章にするとたったコレだけなんですが、これがちょっとビックリ。言葉で説明するのが難しいので、実際にいって経験してみてください・・・。

着席して食券をカウンターに置きしばし待ち。2番目だなぁーと思っていたら、目が合って、

「はい!(小声気味)」



何故に2番目なのに私が最初のニンニクコールなんだろう。麺固めにはしていないのに・・・ポールだった方も麺柔らかめにしてなかったよなぁ。

常連でもないから私が覚えられている訳でもないし、品川でそういうのがあるとも聞いたことないしなぁ、うーん、謎だ。

野菜ダブルと他は増しでお願いします♪

未だに野菜タワーが存在するのかは分かりませんが、今回にはちょうど良さげな量で、早速食べていきます。

sngwj02sngwj03










まずは前菜的に野菜から。野菜と脂を混ぜ混ぜして食べてみると、臭みなしの味わえるような脂で、うま。二郎では珍しめ、レンゲでスープを野菜にかけかけしながら野菜を食べていきます。


朝イチ(昼イチ?)なのでかなりシャバいスープも覚悟でしたが、微乳化で適度に重みがあって、うまー。この感じなら麺をちと柔らかめでもイイかな、なんて思いながら麺へ。

sngwj05麺は記憶通りの太麺の平打ち、固めもっちりで麺の存在感がしっかりめ。やっぱりもちっと麺が柔らかいほうが好みだな、と思いながらすすっていきます。

いわゆる「小」にしましたが、麺量は200g強くらいでしょうか。野菜量、豚量も適度にたっぷりなので、味も量的にも、楽しみながら麺をすすっていきます(スープが跳ねないように)。

麺中盤で豚。面がさほど大きくないロースチックな豚で、ジャキっと気味な歯応えで、コレはコレで好み。脂身のちと甘さを味わいながら、麺と交互に食べていって、後半はしっかりニンニクが感じられるようにしっかり混ぜ混ぜ、辛さを味わいながらの完食です。

以前、大で撃沈ギリギリになって楽しんで食べれなかったので、それからは品川では小にしていますが、このうまさだったら次回は野菜を増やさないで大にしてみるかなぁ、と軽く後悔しながらカウンターを拭き退店です。

結局、ポールの先客?は大を注文しつつも、私よりも全然早い時間で完食し、颯爽と退店されてました。中肉中背、そんなに食べれそうな方には見えなかったんですが、その完食の早さには大変驚きました。

痩せの早・大食い、スゴイなぁ、と思いながら近くの公園で日向ぼっこをしつつお腹を落ち着かせてから、帰路に着くのでした。張り詰めてはないものの、あの独特の空気も味わいに、また来よう。

さて、次の店はどっちだ・・・。

東京都品川区北品川1-18-5