BlogPaint大ダブル 1050円

この日はコチラへ。

2回目の訪問。前回の訪問はオープン前だったので、もちろん食べていません。

開店1時間前到着目標で10時半に到着すると、既に40人弱の列。やっぱ気合入っている人多いな、と思ったら、11時開店でした。

ワンロット7杯で作られていて、私のときは大が黒い丼、小は水色?の丼でした。カウンターの下には荷物入れがあるので便利なのですが、その一部に膝が当たって座りにくい・・・かも。

と思っていると「ニンニク入れますか?」とのことですので、




全部でお願いします♪


jrkmt02jrkmt03










盛り的にはそこまで多くないです。ま、お祭りですよね、が第一印象。
でも以前の鶴見のイメージからですと、かなり盛って頂いていますね。 

まずは上から前菜的に、唐辛子がかかった野菜を軽く混ぜ混ぜしえ頂いてみると、加熱が入って軽くクタ。野菜は熱々でもないので、スーパーネコジータの私でも問題ないく食べれます。

ちなみにコチラはレンゲがある二郎のようです。今後も継続的に置かれるかは分かりませんけど、今回はカウンター上に置いてありました。

jrkmt04jrkmt05










野菜にスープをかけかけ。スープの量がギリギリだったので、少しでも野菜に絡ませようと思いましたが、あまり効果がないことに気が付いたので、サクサクと野菜を完食、を食べ終わると麺登場。

まだ麺はつかまず、先にレンゲでスープを頂いてみると、予習した皆さんの記事のイメージよりも乳化は弱め。アブラコールをしたからか、表面には液体脂。固形は殆どないんですね。脂でしっかり重みはありますが、脂の下のスープはうまみはそこまで強くはないかも。

カラメにしたものの、カネシもガツンとくるほどでもないので、何か飛びぬけた特徴はないようにも思いますが、予習通り、以前食べた鶴見のイメージとは全く違うものです。

jrkmt06豚はバラ肉的なロールチャーシュー。柔らかめで甘くて、うま。もちっとカネシに浸かっててくれると、もっと好みだなぁ。

ニンニクをスープに溶くと、かなりニンニク先行。そして独特な酸味?が感じられて、何だか苦手な味わいに。

開店すぐのにニンニクが悪くなっている?ということもなさそうですし・・・。

あの苦手な感じはなんなんだろう。
と感じながらの完食です。

以前の鶴見は好みではなく、当時の鶴見よりは好みかもですが、今回の時点では中毒になる感じではないかなぁ。という感じ。

でもまだ開店したばかりですので、今後イイ方向に、私の好みの方向に変わってくれることを期待して、また伺ってみたいです。

列がまだ長く、かなり周りの店舗から苦情が来てそうな感じ・・・。助手さんが「ちょっと表見てきます」って何度か表に出て行かれてました。並ぶ際は広がらずに並びましょうね。

16日(日)はお休みみたいです(店内張り紙より)。

さて、次の店はどっちだ・・・。
 
東京都大田区西蒲田7-6-9 高橋ビル1F